Social Smoke(ソーシャルスモーク)フレーバー徹底レビュー!! – シーシャ(水タバコ)・フレーバーの通販サイト C.S.B Online
卸販売ご希望の方

Social Smoke(ソーシャルスモーク)フレーバー徹底レビュー!!

皆さんこんにちは!
シーシャ・水タバコ通販サイトのC.S.B online(オンライン)です!

今回はSocial Smoke(ソーシャルスモーク)のフレーバーのレビューです!

Social Smoke (ソーシャルスモーク)とは?

Social Smoke(ソーシャルスモーク)とは2003年にアメリカで立ち上げられたアメリカ最大のシーシャブランドです。
ドイツやフランスなどのヨーロッパ産の高品質なタバコ葉を使用して、香り高く吸いやすいフレーバーが多いことが特徴です。
また、他のブランドにはないような珍しい目を引くフレーバーが多く、味の再現性も高いです。
全体的なフレーバーの特徴としては、シロップの量が他のブランドに比べて若干多めで、葉っぱの大きさも大きめなのでハサミで少し切った方が扱いやすいかもしれません。
そんなSocial Smoke(ソーシャルスモーク)のフレーバーのレビューをしていきたいと思います!

    

フレーバーレビュー

Pear Chill(ペアーチル)

洋梨をベースに少しミントが入ったようなフレーバーです。
Social Smoke(ソーシャルスモーク)の看板商品です。
洋梨の甘くてさっぱりした感じがうまく再現されていて非常に吸いやすいです。
味が非常に出やすく他のフレーバーとミックスしてもしっかり洋梨の味がするので扱いやすいです。
ミックスするフレーバーによって甘めにもさっぱりにもできる万能フレーバーなので何のフレーバーを買おうか迷っている人にオススメです!


Japanese Yuzu (ジャパニーズユズ)

他のブランドではあまり見られないユズのフレーバーです。
ゆずのさっぱりとした風味に加え少しのスパイス感も感じることができます。
柑橘系のフレーバーが好きな方にオススメでゆずの風味がうまく再現されています。


Pistachio Breeze(ピスタチオブリーズ)

ピスタチオ味のアイスを再現したフレーバーです!
香ばしいピスタチオの風味にバニラアイスのような甘みがあり癖になります。
スイーツ系の甘めのフレーバーと相性が良く、甘さの中にピスタチオの風味がアクセントとなってくれます!チョコやコーヒー系と合わせるのもオススメです!


Hong Kong Milk Tea(ホンコンミルクティー)

香港式の甘いミルクティーを再現したフレーバーです。
このフレーバーも再現度が高く、人気フレーバーの一つです。
しっかりと甘さを感じることもできますが、クドすぎず、飽きずにずっと吸っていられるようなフレーバーです。


Honeydew Melon(ハニーデューメロン)

その名の通りメロンの甘い部分だけを抽出したようなフレーバーです。
単体で吸っても味がしっかりしているので十分楽しむことができます。
ミックスする際はバニラやハニーなどのスイーツ系でも柑橘系やミント系など
いろんなフレーバーと相性が良く非常に使いやすいです。
シーシャ初心者の方にもオススメできるフレーバーです!


Ginger Tea(ジンジャーティー)

ジンジャーティーはジンジャーエールのような生姜のスパイス感と少しの甘みを感じることができるフレーバーです。
スパイス感があって単体で吸っても吸えますし、個人的にはヒノキ、ユズ、ライムなどさっぱり系のフレーバーと合わせるとジンジャーがアクセントになってオススメです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はSocial Smoke(ソーシャルスモーク)のフレーバーについてご紹介しました!C.S.B Onlineでは今回ご紹介したフレーバー以外にも様々なフレーバーをご用意していますので是非ご覧ください!

     

Social Smoke(ソーシャルスモーク)の購入ページはこちら

コメントを残す